■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.cityopera.jp/blog/?key=7515&cid=1
■日記の書き込み
書き込み数は917件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 92 ]
2018年02月24日(土) 
書名:人類の気候の10万年史
   過去に何が起きたのか、これから何が起きるのか
著者:中川 毅
発行所:講談社
発行年月日:2017/2/20
ページ:218頁
定価:920円+税

明日の天気予報は少し信用できる。でも1週間後、1ヶ月後については来てみないと判らない。30年後に来ると言われている地震、まして2100年の温暖化の気温(コンピュータシュミレーション)なんて信用できますか?未来の予測というのは線形なもの、周期性のある事象に限って予測が出来るもの。非線形でありランダム性のある事象に対して予測は出来ないというのが科学の世界の常識。それを地球温暖化にしても、

閲覧数78 カテゴリ日記 投稿日時2018/02/24 21:00
公開範囲外部公開
2018年02月06日(火) 
GIMPで万華鏡を作ってみよう!
http://pasopia.velvet.jp/nota2/nota/?20180206212942

無料で高機能な画像編集・処理ソフトGIMPを使って万華鏡風画像を作ってみました。
まず、GIMPに万華鏡プラグインを入れる。方法は下記URLで。
GIMPにベースとなる写真を読み込んでおいて

「フィルタ →変形→ Kaleidoscope」 と押して、プレビューで見ながら調整をする。


「GIMP」無料で高機能な画像編集・処理ソフト
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/gimp/
GIMP2を使おう
http://www.geocities.jp/gimproject1/index.html#plug-ins
万華鏡プラグイン
http://www.geocities.jp/gimproject1/plug-ins/kaleidoscope/

GIMPで万華鏡を作ってみよう!
http

閲覧数211 カテゴリ日記 投稿日時2018/02/06 21:36
公開範囲外部公開
2018年02月06日(火) 
書名:あきない世傳 金と銀(四)
   貫流編
著者:高田 郁
発行所:角川春樹事務所
発行年月日:2017/8/18
ページ:287頁
定価:580円+税

高田郁の人気の小説です。図書館に申し込んでいたのですが270人位の待ちになっていました。この本を買った人がいて貰ったので、読むことが出来ました。1年に2冊ペースで書かれています。さていつ終わるのか?大阪商人の話でなかなかおもしろいです。

大坂天満の呉服商、五鈴屋の五代目店主の惣次とその女房幸が力を合わせて商いに励んでいたが、あまりにも幸の商才が抜きんでいる。それに比べて惣次なりにそれなりの商人ではあるが

閲覧数196 カテゴリ日記 投稿日時2018/02/06 19:02
公開範囲外部公開
2018年02月02日(金) 
書名:極楽寺の歩み
著者:飯田 照蔵
発行所:願弘山蓮華院極楽寺(酒井杲胤) 
発行年月日:1982/8/8
ページ:208頁
定価:非売品

横浜市緑区西八朔町にある真言宗豊山派寺院極楽寺の歴史書です。真言宗というのは空海の宗派で、高野山、東寺などが主な本山寺院ですが、豊山(ぶさん)派というのは長谷寺(奈良・桜井市)を本山とする派です。横浜市北部にも真言宗豊山派の寺院は多くあります。王禅寺も慈眼寺なども。

極楽寺山門極楽寺山門、極楽寺本堂極楽寺本堂、極楽寺鐘楼極楽寺鐘楼の修復の過程などがまとめてあります。また落成法要の記念に2泊3日の本山へお礼参

閲覧数471 カテゴリ日記 投稿日時2018/02/02 22:57
公開範囲外部公開
2017年12月29日(金) 
書名:官賊と幕臣たち
   ~列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート
著者:原田 伊織
発行所:毎日ワンズ
発行年月日:2016/2/3
ページ:260頁
定価:1,400 円+税

「明治維新という過ち」の第二弾です。
恫喝外交をしかける欧米列強外交団、大英帝国の支援を受けた薩摩・長州のテロリズム、命を賭してわたり合った幕臣官僚たち。日本近代史を覆す衝撃の新維新論を展開している。
前著「明治維新という過ち」は「明治維新は近代を招来した革命でも何でもなく、薩・長のテロリストらによる幼い天皇を人質とした姑息・卑劣な軍事クーデターに過ぎない」と結論づけた本。官

閲覧数202 カテゴリ日記 投稿日時2017/12/29 20:24
公開範囲外部公開
2017年12月29日(金) 
書名:薩長史観の正体
   歴史の偽装を暴き、真実を取り戻す
著者:武田 鏡村
発行所:東洋経済新報社
発行年月日:2017/9/21
ページ:189頁
定価:1,500 円+税

「「薩長史観」とは何か。明治政府がその成立を正当化するために創り上げた歴史である。それは、薩摩や長州が幕末から明治維新にかけて行なった策謀・謀反・反逆・暴虐・殺戮・略奪・強姦など、ありとあらゆる犯罪行為を隠蔽するために創られた欺瞞(ぎまん)に満ちた歴史観であるということである。」という著者の言葉にあるように、「薩長史観」をもう一度徹底的に検証しておく必要がある。

とくに徳川幕府が

閲覧数191 カテゴリ日記 投稿日時2017/12/29 15:52
公開範囲外部公開
2017年12月25日(月) 
書名:影踏み鬼 
   新撰組篠原泰之進日録
著者:葉室 麟
発行所:文藝春秋
発行年月日:2012/1/10
ページ:246頁
定価:1500 円+税

「新撰組」を扱った作品です。やっぱり九州出身の篠原泰之進を主人公にしています。近藤勇率いる新撰組に加入して「人斬り」を行っていた。篠原泰之進。近藤勇、土方歳三達とは方向性の違う伊東甲子太郎に誘われて入隊した経緯がある。新撰組も設立当初は尊皇で一致していたが、武士出身でない(百姓)近藤勇、土方歳三達は段々侍に出世したい欲望が出てきた。天皇より幕府びいきになってきた。伊東甲子太郎の方が学があり、性格も穏やかで

閲覧数235 カテゴリ日記 投稿日時2017/12/25 20:36
公開範囲外部公開
2017年12月25日(月) 
書名:徳川盛世録
著者:市岡 正一
発行所:博聞本社 長尾景弼
発行年月日:明治22年8月26日


書名:徳川盛世録
著者:市岡 正一
発行所:尾張徳川黎明会
発行年月日:1989/1/23
ページ:326頁
定価:3,672円

徳川幕府の典礼・儀式(武家故実)を可能な限り復元したいという意図を持って刊行された彩色絵入り本。著者市岡正一はかつて幕府に仕え、明治時代は民法編輯局の官吏だった。江戸時代には公事を叙述することが禁じられていたため材料がなく、わずかに残された旧記と自身の記憶によって書いた、と巻頭の例言に断りがある。

江戸時代の年中行事などを調べるとなかな

閲覧数234 カテゴリ日記 投稿日時2017/12/25 17:49
公開範囲外部公開
2017年12月06日(水) 
東京の紅葉(小石川後楽園・靖国神社)2017 - 風に吹かれて隠れ里
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.ph…?album=198

皇居東御苑から北の丸公園、九段下、飯田橋、小石川後楽園まで歩いて行きました。意外と近いのですね。小石川後楽園の紅葉はまだ残っていました。ここはやっぱり12月に入ってからの方が色づきが良いようです。人も少ないしゆっくりと紅葉を楽しませていただきました。ここにも赤門がありました。ここは水戸藩の上屋敷があったところです。帰りに靖国神社にも寄ってみました。銀杏が綺麗にまだ残っていました。池坊の見事な生け花が奉納されていました。

東京の

閲覧数443 カテゴリ日記 投稿日時2017/12/06 22:02
公開範囲外部公開
2017年11月23日(木) 
閲覧数316 カテゴリ日記 投稿日時2017/11/23 22:54
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 92 ]
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み