■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.cityopera.jp/blog/blog.php?key=44570
2013年01月23日(水) 
昨日の報道の通り、埼玉県内の教職員のうち、退職が近い先生が今月末で退職する動きが100人程度生じている問題。
理由は埼玉県の条例の関係で、教職員の退職金の支給が本年2月より削減されることからです。かりに1月末に退職をしても、2・3月の給与がなくとも、今月末までに適用される退職金を受け取る方が金額がいい、ということだそうです。

学校の先生とはいえ、先生方も家庭をもち、生活がかかっていることは、いうまでもありません。しかし、条例の規定とはいえ、退職金を金額が多いときに退職をする点、さらに学校現場は3学期の時期であり、落ち着いた状況でない中、急に教壇から降りるというのは、果たして教職の立場として適切といえるのだろうか。

今年も学校教育に関するよい話題が少ない中で、もう少し、学校の先生、通うお子さんが困らないやり方ができないのだろうか。

このような条例を決めた埼玉県議会は、どうみているのだろうか。責任をもってあいだに入るべきではないか。



http://blog.goo.ne.jp/iwainoyamanoi/e/5bcf5fa8fb5af…93?guid=ON
別件ですが、よろしかったら。

閲覧数2,807 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2013/01/23 01:24
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2013/01/23 11:33
    > ootaharaさん
    おっしゃる通り。今朝の新聞で埼玉の上田知事が年度内の財政のやりくりの都合でやむなしという感じの言い方をしているようですが、配慮があってもしかるべきのように思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み