■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.cityopera.jp/blog/blog.php?key=44321
2012年12月30日(日) 
私の職場であったこと。
接遇にかかわる仕事先ですが、一番の課題はお客さんからのわがままに、可能な限りに応対すること。
しかしながら、わがままには限度があります。

ある同僚が、地元でない都心からのお客さんの応対をしていた場面。
商品の精算をほぼ終えた瞬間、さらに追加で商品の精算を求めてきました。その場はすでに、次のお客さんが待ちに待って順番がまわってくるタイミングでした。
とっさの判断で、やむなく、追加の精算処理を優先。それが終わった時、待ちかねていた次のお客さんが、無言でそのお客さんをにらみつけていたそうです。

私の職場を含め、不特定箇所の接遇のお店先などは、お客さん特定個人だけでなく、多数の方々がきています。
あえていうならば、その追加で精算を求めてきたお客さんはわがまま、かつ、ジコ虫といわざるをえない。

もう少し、まわりをみる気持ちがあってもいいのですが。

繰り返し書くが、お客さんは一人個人だけではない。不特定多数の方々が、目的があって来訪するのでなく。
目的以外に、その場でバカ騒ぎ、大騒ぎするのは論外である。

閲覧数1,128 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2012/12/30 03:23
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み