■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.cityopera.jp/blog/blog.php?key=80092
2020年09月18日(金) 

・・・現状、台枠部分が真っ二つに折れており、大絶賛

製作放置中のトーマス規格ClassA1/A3(と同規格A0)。

ぶっちゃけた事言っちゃうと、

台枠と一緒に俺の心も折れてるっぽい。

ギアボックス流用とは言え、台枠回りまで自作となるとやっぱり

色々キツイもんあるけど、要の部分が折れちゃうと、ねぇ・・・;

そういう訳で、何とかしなくてはと思い、台枠部分作り直し。

 

・・・この手法だけは絶対取るまいと

思ってたのに・・・(=_=;)

結局ギアだけ流用し、ペーパー積層で台枠と一体のギアボックスを

製作することに。とんでもない先駆が居るから避けたかったのだが、

行きつく所は皆同じ、という事か・・・・・;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういやこっちも動力部自作してたっけ・・・。

こちらも動力部の調整が何度やっても上手くいかず、製作中断中なのも

あってか、ここ最近製作意欲・・・というより、やる気、ないし気力

そのものが全然沸いてこない。何をするにも面倒になっている。

上記のA1/A3の台枠に関しても、切り出しだけで残りの気力持ってかれてた。

ロケット号に関しては、機関車本体はほぼ完成、あとは塗装を待つのみ

と言う所までは来ているのだが、件の動力付きのテンダーでどうにも。

前回ロケット号の記事を更新して以降、調整を繰り返しまくっており、

既にモーターも二度交換、テンダー下回りも作り直したが、一向に進展がない。

テンダー単独でなら辛うじて動くのだが、機関車本体を繋ぐともう駄目。

多分、交換して付けたモーターの出力が足りず、機関車本体の重さに負けて

いるのだとは思うが、正直、もう一回モーター交換するなら、もう樽の中を

くり抜いちまって、津川洋行さんから出ているTU-7Tユニットを使おうかと

考え中。あるいはいっそのこと無動力にするか・・・;


閲覧数199 カテゴリ自作模型 コメント0 投稿日時2020/09/18 20:39
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
1E1さん
[一言]
著者の1E1が日々思った事や趣味の事、しょーもない事等を 個人的見…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み