■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.cityopera.jp/blog/blog.php?key=73064
2019年06月27日(木) 

 

何だかんだで色々あって、結局機関車部分をほぼ丸ごと作り直し、

何とかまともに走るようになったシティクラス(タイプ)。

そういえば、まだ肝心な部分が一か所残っていたんだった。

 

作り直す前からずっと放置していた煙室扉を製作する。10㎜と8㎜のサイズに

正円形を切り出し、先に10㎜の方をボイラーの先端に接着。

  

端材を使って蝶番と煙室扉ハンドルを作り、ペンの後ろを使って丸みを持たせた8㎜の

円形に取り付け。その後、これをボイラー先端部に接着。煙室扉付くだけで一気に

それっぽい雰囲気になる不思議。

 

その他、ランボード作り直した後放置していたスプラッシャーも作り直し、加えて

前部のバッファーをテンダーの物と同じ要領で製作。台車のカプラーがどうしても

食い込んでしまう為、結局フロントビームは大きく切り欠きを設けて対応した。

全体を組み上げて様子を見るが、どうにもボイラーの上半分と下半分の間に嫌~な

隙間が。端材を使ってある程度埋めたが、まだかなり気になる・・・;

車体の大まかな部分がほぼ出来た為、改めて図面と比較。テンダーは一発で出来たので

図面と殆ど変わらないが、何度も言っている通り、機関車部分にEF63の台車を使った

関係で元の図面より3㎜程長くなっており、実機のホイールベースに近くなっている。

で、この状態で一度牽引力のテストをしてみた。現状での牽引能力としては、とりあえず

平地で5両までが限界のご様子。4両目から若干始動時に動輪がスリップし始め、5両目を

繋ぐとスリップがさらに顕著に。5両以上繋いでも引き出せない事は無いのだが、その分

スリップの仕方が酷くなるうえ、モーターが客車の重さに負けて止まる事もあった為、

モーターへの過負荷による焼損を防ぐ意味合いでも、5両を限度とすることにした。

まぁでも実際のシティクラスもオーシャン・メール牽引時はスピードアップの為に

大体5両ぐらいしか繋いでなかったって話だし、当時の測定方法による時速160㎞/h

達成時も一両しか牽いてなかったらしいし(なんだったら客車3両で坂道で立ち往生して

再挑戦×3してるトルーローの映像あるし・・・)、この位牽けりゃぁ十分なのかね。

 

・・・さ~て、あとは手摺とステップとキャブ内インテリアか・・・;


閲覧数538 カテゴリ自作模型 コメント0 投稿日時2019/06/27 18:49
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
1E1さん
[一言]
著者の1E1が日々思った事や趣味の事、しょーもない事等を 個人的見…
■この日はどんな日
ほかの[ 06月27日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み